職員の新型コロナウィルス感染について 第1報

image_pdfimage_print

 令和2年12月8日(火)、当院に勤務しております医療従事者1名が家族からの感染による
 新型コロナウィルス陽性であることが判明いたしました。

 現在、所轄の保健所と連携を図りながら対策を進めているところでございます。

 当該職員は限定された範囲で職務に従事しており、本人の行動範囲を特定し
 本人を含め濃厚接触していると思われる職員に関しては
 出勤を停止し院外でのPCR検査と待機状態にしております。
 また接触されたと思われる職員及び患者様に関してはPCR検査の実施しております。
 当該の職場では所轄の保健所指導の下、消毒作業を行っております。

 診療につきましては、一部制限を行っております。
 
 皆様には、ご心配とご迷惑をおかけすることとなり誠に申し訳ございません。
 職員一同これまで以上に感染対策を徹底してまいりますので、今後とも
 ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

                             聖明病院 院長 古川愛造